FC2ブログ

No Money In Philosophy

_あなたの哲学を壊す_ 僕の哲学であなたの哲学をぶち壊して再構築するブログ。これはある意味で危険な行為であるが人生の中で最も大事な事の一つだと思う、なぜならそれが成長だから。これが最初のBreak your philosophy and reconstruction。あなたが僕の哲学をぶち壊してくれれば僕はまた一つ成長できるだろう、Please break my philosophy!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

AKB48という存在は21世紀日本の理にかなっていたから売れた

えっとですね、僕はここ数ヶ月で自分の色にかなり重ねがけをしてまして多分半年前の自分に対して
お前の言ってることはまだまだ甘いよなww
って言っちゃうと思うんですよ。

昔はAKB48に対して比較的否定的な意見を書いたのですが、それは僕のメディアリテラシーだとか
見識の無さの中でも描いたことだったからですね、今のいろんな考えを混ぜてIQの上昇した僕の前では甘ちゃんのような意見に見えてしまうんですねw

今日の脱線はこれぐらいにさせていただいてですね、
今日の記事のタイトル

AKB48という存在は21世紀に適したコンテンツだ!

というお話なんですが、
昔の僕がこんな意見を言うことはまぁなかったでしょうね。

3ヶ月前でも怪しい
昔の僕にはAKB48にはまる奴らなんて滑稽で醜い奴ら
というふうにみちゃってたんですが…

最近になってですね、AKB48にはまってる人たちっていうのは皆楽しそうだし
AKB48というシステムの複製をたくさん作っても成り立っている
そしてAKB48に所属している彼女達はあまり天才的な子はいないということ
アイドルとしての完成度の高さで言うと全盛期のモーニング娘。のほうが明らかに上なのに対して
AKB48はモーニング娘。以上に息が長く21世紀的であると考えるようになったんですね。

それを今から書いていきたいと思いますが
えっと詳しくは知りませんが〇〇48みたいなものがAKB48以外にも結構たくさんあるみたいですね
ここで僕が思っていたのはですね、昔のアイドル、ミュージシャンっていうコンテンツは複製の聞くような物では無かった
同じような物を何個か作ってそれらがある程度やっていけるっていうことはですね
AKB48システムというのは21世紀日本のコンテンツシステムとして理にかなっているということなんですよ

これからそれを具体的に書いていきますが
今の社会って言うのは高度情報化社会ですよね?
ですからコンテンツというものはメジャーになればなるほど無料化されてしまう。
youtubeにUpされたりしてコンテンツ自体は無料で手に入れられてしまうわけですね。

それはなぜかというと、ただ単にAKB48のPVや音楽は複製できてしまうからなんですよ。
だからこういった複製可能なコンテンツを有料にして儲けようなんて考え方自体かなり現実に適してないんですよw
20世紀著作権ビジネスの夢って言うやつですね
著作権というシステムは確かに有効なものですが、残念ながらコンテンツの複製技術であったり
それを広める方法は恐ろしい速度で加速していきますから
(まぁ破壊と想像の王リンゴちゃんがめちゃくちゃ加速させたってのもありますがw)
その加速は古い夢のような著作権システムではカバーしきれないです。
著作権法違反なんてのは要するに出る杭を叩く、悪いやつを叩く
みたいなもんですから、それをやる人の割合が9割!とかになると対処不可です。

これに対する処方箋、対処法ってやつですが。
意外と簡単です。
もっと複製しにくいコンテンツを売り出すか、複製できない物を販売する。

これが21世紀の高度情報社会に適したコンテンツ業界のあるべき形です。
具体的な例をあげるとですねAKB48でいう彼女達本人
これは複製不可能ですよね?22世紀クローン時代なんて言われたら分かりませんがww

ここで思い出したいのがAKB48のコンセプトなんですが、
「会えるアイドル」というコンセプトですよね。
ここが非常に現代に適している!

どんなに音楽を複製しようとですね、本人達に会いたいという気持ちは本人達にはありますから
そこらへんをもし計算でやってるなら秋元はすごいですね。
プロモーターとしてかなり世間の流れを見てると言っていいでしょう

まぁここで今回の話がじつはおわっちゃったわけなんですがw
もう少し書きます。
複製不可能なもの意外の例が本人達であったり、生で会う、見るっていうことだとしたら
複製が難しいものっていうのの具体例も書かないといけませんよね。

具体例を挙げるのが手っ取り早いでしょう。
それは今流行ってるブルーレイディスクであったり、ライブDVDです。
コンテンツ業界はこれからブルーレイディスクで儲ける時代になります。

それはなぜか?
ブルーレイディスクは技術的に複製がかなり難しいようにできている上にですね、
ブルーレイディスクでしか得られないクォリティの高さという物がある。

もっとエグい話をするとですね、ブルーレイディスクほどの要領の物をネット回線を使ってダウンロードすることは非常に労力が必要です。
その反面音楽などの楽曲は多く見積もっても10MB程度で分割できるんですよね。
だからそういったものの無料拡散を止めることには無理があるよ。

それをさせないためには情報化の限界値より上のものをビジネスコンテンツにする、
それが21世紀に適した商売の形だと僕は思います。
関連記事

[タグ未指定]
[ 2011/12/11 17:54 ] 21世紀日本予想図 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

NOCH

Author:NOCH
いったいどこからこんなところに来てしまったのか知らないが楽しんでいってください。
スカイプIDはyebisu20です、このブログを見て僕と話したいとか何か相談などありましたら気軽に凸してください。
ただしスカイプID送信時にはちゃんとしたコメントがないと拒否させていただく場合があります、ご了承ください。

RSS登録マシーン
毎日できるだけ質の高い記事を更新していきたいと思いますので、もう出会うこともないよりは暇つぶし程度にお気に入り等に設定して僕と一緒にこのブログを楽しみませんか?
現在の戦闘力
最近のコメント
データ取得中...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。