FC2ブログ

No Money In Philosophy

_あなたの哲学を壊す_ 僕の哲学であなたの哲学をぶち壊して再構築するブログ。これはある意味で危険な行為であるが人生の中で最も大事な事の一つだと思う、なぜならそれが成長だから。これが最初のBreak your philosophy and reconstruction。あなたが僕の哲学をぶち壊してくれれば僕はまた一つ成長できるだろう、Please break my philosophy!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【続クオリティ論】内発的クォリティ、外発的クォリティ

二日前に書いた記事が全然完成してないことを友人にうだうだいわれたのでしょうがなく最後まで書ききってやります( ´゚д゚`)

前回の内容は大した長さじゃないので全部引用してから今回の続論を書いていきたいと思います

僕はクォリティ(Quality)という言葉が好き。
意味としては質という意味であるが、近年この言葉は日本の社会に急速に普及したと思う

特に人間に対して使う意味のクォリティ、
非常に使い勝手がいい言葉だ。

あいつはクォリティが高いとか、あいつはクォリティが低いとか。

言葉で表現すると長くなることもクォリティを使えば簡単に表すことができる。
このクォリティには沢山の種類がある。

しかしながら長所とはまた違ってクォリティとしか表現できない場合が多い。

絵が上手いこととその人のクォリティの高さはあまり関係性が無い。
その人によって描かれる絵のクォリティが高くてもその人自身のクォリティが高いということではない。
これは何とも面白い問題のような気がしてくる。

知識が豊富という長所だけではクォリティが高いとは表現できない。
事実、クラスでいつもテスト1位になる人を僕はクォリティが高い人間であると思ったことが無い。

彼のテストはクォリティが高いと表現できるのだが、彼自身はクォリティが高いとは言い難い。
何とも不思議である。

クォリティとはある意味では完成度とも表現できる。
いかに洗練されているか、いかに技術が高いか、さまざまな要素がからんでくる。

上のようなその人の作品のクォリティが高くてもその人のクォリティが高いとは言い難いという状況は、
人間というものの質の難しさを示唆している。

人間のクォリティとは作品とは違いトータビリティ、万能さが重要なファクター、因子になっている気がする。
その主軸として、何かが得意であるというのは必要だと思う。
もし絵が上手い人がいるとして、その絵がうまいという長所を自分自身全体に活かしている人はクォリティが高いと思う。

逆に自分があまり優れていないものを自分の主軸にしてしまっている人はクォリティが相対的に下がってしまうと思う。


教育というものの結果自分に向いてないものを主軸にさせられた人たちはかわいそうだ、
まだ得意な事を見つけられてないだけなのに無能と評価されるような社会では人間は無気力になってしまう。

なんとクォリティの低い社会であることか
【クォリティ論】内発的クォリティ、外発的クォリティ



というような内容の記事でしたが肝心の内発的クォリティと外発的クォリティについて何も触れてません(;゜0゜)

実はこの記事内容が難しくなりそうな気がして下書きのまま2カ月ぐらい放置されてた記事を適当に収拾つけて書いちゃった記事で、タイトルを見てなかったというミス(=゚ω゚)

責任を取って少し難しくなりますが全力で分かりやすく書いてみようと思います。

まず内発的クォリティというものは毎度のことながら僕の造語なわけですがちゃんと書くと内発的動機付け性クォリティと書きます。
僕の造語なのでそんなことは知ったこっちゃないと思いますが、意味をちゃんと伝えるためには内発的動機付け性クォリティと書かないと伝わりませんとまぁそういうことです。

そしてこの内発的動機付けというのは教育心理学の動機に関する用語でウィキペディアでは


内発的動機づけとは好奇心や関心によってもたらされる動機づけであり、賞罰に依存しない行動である。これは特に子供は知的好奇心が極めて高いために幼児期によく見られる動機づけである。しかし知的好奇心だけでなく、自分で課題を設定してそれを達成しようとするような状況においては自分が中心となって自発的に思考し、問題を解決するという自律性、また解決によってもたらされる有能感が得られ、動機づけとなり得る。一般的に内発的動機づけに基づいた行動、例えば学習は極めて効率的な学習を行い、しかも継続的に行うことができる。これを育てるためには挑戦的、選択的な状況を想定して問題解決をさせることが内発的動機づけを発展させるものと考えられる。
引用 wikipedia



どういうことかっちゃうとですね、絵を描くのが好きな人は急にムラムラと絵を描きたくなったりするでしょ?
写真が好きな人は写真撮りたくなっちゃうし、趣味的なものをこれでもかって欲してしまう時あるでしょ?
でもこれは生まれつき絵が描きたい星人とか写真撮りたい星人として生まれてきたわけではないですよね
つまり生きてきた上で学習した動機なわけですね。

これはクォリティにも当てはまるのではないかというのが僕の考えなわけです。
好きこそ物の上手なれという言葉があるように、
自分の興味、関心などから産まれてくるクォリティ、内発的クォリティとはそういった意味です。
これは比較的高い傾向があるのではないのか?という考えから今度は外発的なものを考えてみるわけです。

では外発的クォリティというのはですね
当然外発的動機付け性クォリティの略です
では外発性とは何なのかまず大体の内容を毎回お世話になっているウィキペディアより引用させてもらいましょう。

外発的動機づけとは義務、賞罰、強制などによってもたらされる動機づけである。内発的な動機づけに基づいた行動は行動そのものが目的であるが、外発的動機づけに基づいた行動は何らかの目的を達成するためのものである。強制された外発的動機づけが最も自発性が低い典型的な外発的動機づけであるが、自己の価値観や人生目標と一致している場合は自律性が高まった外発的動機づけと考えられる。外発的動機づけは内発的動機づけと両立しうるものであり、また自律性の高い外発的動機づけは内発的動機づけとほぼ同様の行動が見られる。
引用 wikipedia



というようにですね、外発的動機付けというのは自分以外の外部からの動機という意味ですね
外発的クォリティとは外部の動機(義務、強制、賞罰)などの影響を受けてアウトプットされるクォリティの事です。

例を出すならテストであったり、仕事であったりそういったものの質を外発的クォリティと定義してやろう
とまぁ大したことは言ってません。

難しい割に大したことない内容だし意味もよくわからない内容だと思ったので書かなかったのですが、
外発的クォリティと内発的クォリティを分けることで(以下外質、内質)それらを比較することもできるわけです。


内質は自分の趣味的な質、外質は社会の要求する質といってもいいのですが、この内質と外質が一致している状況が物事のクォリティとして最大の値になるのではないかと僕は考えているのです。

外質というのは言ってしまえばニーズのある質ということなわけですね、
この外質に対して自身の内質が一致していなかったり、基準以下だったりした場合現代社会では無能のレッテルを貼られてしまいます。
何よりもやっかいなのが外質は変化するというところにあります。
外質は社会や環境の変化によって多様に変化するのに対し、内質は自分自身の質なのでそんなコロコロと変化することはできません。


現代社会では学生に対してあまりに勉強しろ、数学しろ、英語しろと外質を要求するものだから、
強制的に学生の内質をそういったものにシフトさせているくせに、
社会人になるとやれコミュニケーション能力だのリーダーシップだのマネージャー能力だの
いままで要求していた外質とは全く違ったものを要求してくるわけです。

そのたびに個人が内質を変化させていては身がもちません。

ですので、むしろ外質の方を内質に合わせる生き方をするのもいいのではないでしょうか、
絵の内発的クォリティが高い自信があるなら絵の外発的クォリティを要求してくる社会、団体に所属しようとする。
というように社会のクォリティに合わせるのではなく、自身のクォリティが最も要求される社会を探してみるのもいいかもしれませんね。
関連記事

[タグ未指定]
[ 2011/07/07 15:59 ] 思想 | TB(0) | CM(3)
自分のクオリティかぁ・・

ちゃんと考えなければ・・・
[ 2011/07/07 21:18 ] [ 編集 ]
どっこい満足しょ!
[ 2011/07/08 09:54 ] [ 編集 ]
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
[ 2011/10/10 21:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

NOCH

Author:NOCH
いったいどこからこんなところに来てしまったのか知らないが楽しんでいってください。
スカイプIDはyebisu20です、このブログを見て僕と話したいとか何か相談などありましたら気軽に凸してください。
ただしスカイプID送信時にはちゃんとしたコメントがないと拒否させていただく場合があります、ご了承ください。

RSS登録マシーン
毎日できるだけ質の高い記事を更新していきたいと思いますので、もう出会うこともないよりは暇つぶし程度にお気に入り等に設定して僕と一緒にこのブログを楽しみませんか?
現在の戦闘力
最近のコメント
データ取得中...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。