FC2ブログ

No Money In Philosophy

_あなたの哲学を壊す_ 僕の哲学であなたの哲学をぶち壊して再構築するブログ。これはある意味で危険な行為であるが人生の中で最も大事な事の一つだと思う、なぜならそれが成長だから。これが最初のBreak your philosophy and reconstruction。あなたが僕の哲学をぶち壊してくれれば僕はまた一つ成長できるだろう、Please break my philosophy!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

性欲は本能ではない

性欲は本能ではない
ということがどうも最近の心理学会では常識になりつつある。
欲というのは行動心理学で言うところの動機つまり行動を起こす際になんでそうしたの?
というところにあたる部分の概念として認識されている。

まず最初に勘違いしないでもらいたいのだが、性欲は誰にでも内包されている動機であることは間違いない、
人間の行動は性欲に支配はされない
ということを言いたいのだ。
基本的動機にあたる食欲はどうだろうか、あなたの行動は食欲に支配される事があるだろうか。
当然ある。ないと死んでる。ということは究極的には我慢できない。
つまり食欲という動機は本能である、といえる。

睡眠や体温の調整なんかも本能にあたる物と言える。
睡眠欲にいつまでもあらがえる人は異常だし、体温調節、汗を止めろ鳥肌を止めろなんて事は当然できない。
究極的には絶対に我慢できない。つまり本能ということになる。
さらにこれらの本能には個体差が無い、睡眠の長さなどはあるだろうが体温調節のやり方が違う人はいない。
犬みたいに舌を出して体温調節しないと駄目なんてひともいない。



性欲に絶対にあらがえない状態はあるだろうか?
性欲に個体差は無いだろうか?



答えはNo
性欲は我慢できるし、多様な個体差が存在する。

例えば二次元に過剰に興奮したり、二次元には少しも興奮できない人がいたり。
全くエロスに興味のない人も存在するわけだ。
性欲を我慢しすぎて行動を支配されるということが誰にでも起こるだろうか?

つまり性欲は本能ではないということになる。

では性欲とは何なのか?
結論から言うと派生的動機の中の社会的動機ということになる。
派生的動機とは基本的動機(本能など)を基礎にして経験により獲得する動機の事で、
個体差もあるし、多様な趣向が存在する。

さらに細かく言うなれば、性欲とは内発的動機を基礎にした社会的動機である。
と、定義づけされるだろうね。
こりゃどういうことかというと、
まず内発的動機というのは体の中からわきあがってくるような動機、
性欲の場合のムラムラなどの擬音などで表現されがちなあれ。

脳科学的に言うと性欲が働いた状態はテストステロンっていう脳内ホルモンが分泌された状態。
ちなみに男はこのテストステロンが女の10~20倍分泌されやすいと言われてます。
でも今回の話の本線とはまた別のお話なので詳しく聞きたければスカイプの方に連絡をくれるか
僕がその気になって記事を書くのを待つかのどちらかということで。


そしてこの内発的動機を基礎にして社会的動機になったものを性欲というわけですが。
社会的動機と言うのは社会、文化などの経験によって培われる動機ということ。
例をあげるなら
趣味とかそういったものの動機に当たる。けいおんが好きだとかAKB48が好きだとか。
性欲という動機はこのように内発的動機を基本とした社会的動機という定義付けをされるわけです。

つまり何度も言うようですが性欲は本能ではないということです。

確かに性ホルモンというものは存在する、人間は少なくともテストステロンの影響によってムラムラすることはある。そういった要素は本能に当たるだろう。

しかし、現代に言うところの性欲、二次元に興奮したり、美人に反応するということは本能ではないということが言いたいのである。
思春期は性ホルモンの分泌量が増えるが、もし性欲が本能だったとしたら全員性犯罪者になってしまう。
性ホルモンにによる支配は本当に稀である。
人間は動物と違って発情期が存在しない。
発情期が存在しないということは性ホルモンという動機のみで行動を支配されてしまうことはま。


よって性欲は本能ではない

ということは、浮気は男のさがだという言い訳は間違っている。
性欲のせいで浮気したのではなく、外的要素の誘惑に負けて浮気した。
というのが正しい。
逆に言えば女が浮気をさもしないものというように振舞うのも間違っている。
性欲とは社会的動機なのだから女も文化によっては浮気をするという動機は存在するのである。

趣味を否定するのも間違っている。
性欲は社会的動機なのだから個体差が存在するのが当たり前なので、
ロリコンであったりホモであったりする性欲の形も個体差の範囲内である。

ただし、内発的動機というものは他人には理解できないものである。
私はAさんが好きだという内発的動機を他人が全て理解してくれたら困る…。
非常に困る。

だから他人の性欲というものは最初から理解なんてできるもんじゃないのだ。
それなのに何かにつけて性欲を否定したり過度に肯定するというのは、
何とも学識が足りなく幼稚で自分勝手で独りよがりな言い分であろうか。
関連記事

[タグ未指定]
[ 2011/05/24 23:12 ] 男女 | TB(0) | CM(4)
へー!!
すごい!
[ 2011/05/27 12:50 ] [ 編集 ]
遅ればせのコメントですが、タイトルに関しては私もほぼ同意見です。
私は現代心理学の知見に関しては詳しくありませんし、別の見地からになりますが、この問題に関してはいずれ(できれば近い内に)自分のブログで語ろうと思っています。
[ 2011/05/27 20:58 ] [ 編集 ]
>>パンダさん
いつも率直な感想ありがとうございます。( ´゚д゚`)


>>T.Y.氏
コメントありがとうございます。
尊敬するT.Y.氏にコメントをいただけるなんて光栄です。

このような駄文ですが、なるべく面白い問題を記事にできれば良いと存じておりますので、これからもよろしければこのブログにお見えになってください。
[ 2011/05/27 23:07 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2018/08/26 05:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

NOCH

Author:NOCH
いったいどこからこんなところに来てしまったのか知らないが楽しんでいってください。
スカイプIDはyebisu20です、このブログを見て僕と話したいとか何か相談などありましたら気軽に凸してください。
ただしスカイプID送信時にはちゃんとしたコメントがないと拒否させていただく場合があります、ご了承ください。

RSS登録マシーン
毎日できるだけ質の高い記事を更新していきたいと思いますので、もう出会うこともないよりは暇つぶし程度にお気に入り等に設定して僕と一緒にこのブログを楽しみませんか?
現在の戦闘力
最近のコメント
データ取得中...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。