FC2ブログ

No Money In Philosophy

_あなたの哲学を壊す_ 僕の哲学であなたの哲学をぶち壊して再構築するブログ。これはある意味で危険な行為であるが人生の中で最も大事な事の一つだと思う、なぜならそれが成長だから。これが最初のBreak your philosophy and reconstruction。あなたが僕の哲学をぶち壊してくれれば僕はまた一つ成長できるだろう、Please break my philosophy!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【クォリティ論】外発的クォリティ、内発的クォリティ

僕はクォリティ(Quality)という言葉が好き。
意味としては質という意味であるが、近年この言葉は日本の社会に急速に普及したと思う

特に人間に対して使う意味のクォリティ、
非常に使い勝手がいい言葉だ。

あいつはクォリティが高いとか、あいつはクォリティが低いとか。

言葉で表現すると長くなることもクォリティを使えば簡単に表すことができる。
このクォリティには沢山の種類がある。

しかしながら長所とはまた違ってクォリティとしか表現できない場合が多い。

絵が上手いこととその人のクォリティの高さはあまり関係性が無い。
その人によって描かれる絵のクォリティが高くてもその人自身のクォリティが高いということではない。
これは何とも面白い問題のような気がしてくる。

知識が豊富という長所だけではクォリティが高いとは表現できない。
事実、クラスでいつもテスト1位になる人を僕はクォリティが高い人間であると思ったことが無い。

彼のテストはクォリティが高いと表現できるのだが、彼自身はクォリティが高いとは言い難い。
何とも不思議である。

クォリティとはある意味では完成度とも表現できる。
いかに洗練されているか、いかに技術が高いか、さまざまな要素がからんでくる。

上のようなその人の作品のクォリティが高くてもその人のクォリティが高いとは言い難いという状況は、
人間というものの質の難しさを示唆している。

人間のクォリティとは作品とは違いトータビリティ、万能さが重要なファクター、因子になっている気がする。
その主軸として、何かが得意であるというのは必要だと思う。
もし絵が上手い人がいるとして、その絵がうまいという長所を自分自身全体に活かしている人はクォリティが高いと思う。

逆に自分があまり優れていないものを自分の主軸にしてしまっている人はクォリティが相対的に下がってしまうと思う。


教育というものの結果自分に向いてないものを主軸にさせられた人たちはかわいそうだ、
まだ得意な事を見つけられてないだけなのに無能と評価されるような社会では人間は無気力になってしまう。

なんとクォリティの低い社会であることか
関連記事

[タグ未指定]
[ 2011/07/05 23:57 ] 思想 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【続クオリティ論】内発的クォリティ、外発的クォリティ
二日前に書いた記事が全然完成してないことを友人にうだうだいわれたのでしょうがなく最後まで書ききってやります( ´゚д゚`) 前回の内容は大した長さじゃないので全部引用してから今回の続論を書いていきた...
[2011/07/07 15:59] No Money In Philosophy
プロフィール

NOCH

Author:NOCH
いったいどこからこんなところに来てしまったのか知らないが楽しんでいってください。
スカイプIDはyebisu20です、このブログを見て僕と話したいとか何か相談などありましたら気軽に凸してください。
ただしスカイプID送信時にはちゃんとしたコメントがないと拒否させていただく場合があります、ご了承ください。

RSS登録マシーン
毎日できるだけ質の高い記事を更新していきたいと思いますので、もう出会うこともないよりは暇つぶし程度にお気に入り等に設定して僕と一緒にこのブログを楽しみませんか?
現在の戦闘力
最近のコメント
データ取得中...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。