FC2ブログ

No Money In Philosophy

_あなたの哲学を壊す_ 僕の哲学であなたの哲学をぶち壊して再構築するブログ。これはある意味で危険な行為であるが人生の中で最も大事な事の一つだと思う、なぜならそれが成長だから。これが最初のBreak your philosophy and reconstruction。あなたが僕の哲学をぶち壊してくれれば僕はまた一つ成長できるだろう、Please break my philosophy!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

名声的情報社会のリスク

まずはこちらをご覧ください

店員女性がハーフナー・マイクにツイッターで悪口雑言、炎上騒ぎに

ヴァンフォーレ甲府の長身FW=ハーフナー・マイク。オランダ出身で、94年に家族で日本国籍を取得した父=ディド・ハーフナー(GK/名古屋グランパスエイト、ジュビロ磐田などで活躍)の息子であり、日本初の親子Jリーガーとして複数のクラブを渡り歩いたが、昨シーズンは、J2得点王にも輝き、甲府のJ1昇格に大きく貢献する目覚しい活躍を遂げた。

今シーズンが楽しみな23歳のマイクは、すでに6試合で3得点。18日には一般女性と入籍を発表したばかり(入籍日は5月16日)と順風満帆だったが、そんなマイクが、入籍したお相手とみられる女性と共にアディダス銀座店を訪れた際、ある問題が起こり、ネット上は大騒ぎとなっている。

なんと、店員の女性が自身のツイッターでマイクに悪口雑言の限りを尽くしたのだ。掲示板上では、店員の女性も特定され、すでにその女性はツイッターもmixiも退会しているが、該当するツイッターでは、来店したマイクに、「そいえば今日マイクハーフナーが来た。ビッチを具現化したような女と一緒に来てて、何かお腹大っきい気がしたけど結婚してんの(^ω^)??」、「帰化したからハーフナーマイクかwアシュトンカッチャー劣化版みたいな男が沢尻劣化版みたいな女連れてきたよwとりあえずデカイね、ホントにwww」などと、とても店員とは思えないツイートを行っていた。

現在、マイクはアディダスのスパイクを使っており、掲示板上では「絶対に許さない」「社会をなめてるなぁ・・・こういう子にはちっとばかしお灸が必要じゃないかね?」「やっちまったなw」などの書き込みが見られた。

サッカー選手とツイッターにまつわる問題といえば、今年のはじめに、都内ホテルの飲食店アルバイトが、稲本潤一と田中美保のデート現場を得意気にツイートし、ホテル側が公式に謝罪をする騒ぎもあった。




今話題のアディダス店員事件ですが、こういった事件が情報社会の次の段階のある種の問題であり、情報格差と同じように解決が難しい問題でもあります

新しい格差、それが情報格差です
個人が入手できる情報の量はここ10年の情報技術の発達
情報文明の進化によって増加してきました。

新しい社会問題、情報格差社会



というように私はこのブログで何度か情報社会に関する記事を書いてきました。
その中でやはり問題になってくるのが情報社会特有の問題です。



情報を発信する個人がいったいどのような人間なのかを提示することで
当然発言に責任が発生してくるし、どういった人物なのかを知ることもできる

この名声の提示が情報社会を次のステップに導くカギになる


情報化社会化した現代社会のインターネット上の課題は
ネット上の名声の確立だと思う

ツィッターやmixiとくにFacebookでそういった流れがある

今もソニーの情報漏えいが問題になっているが、
インターネットで最も重く用いられる問題が
個人情報の問題である

僕自身はコテハン(ハンドルネームを固定化すること)に対してそこまでの嫌悪感をかんじることは無いのだが
一昔前の2chではこのコテハンが異常なまでに嫌悪されていた

ネット上で自分自身の写真などを公開することは圧倒的に非常識な行動であり、危険性を持っていると考えられていたし
個人が特定できるような情報を自分で公開することは異端だった


しかしながら現代社会は田舎の方はともかくとして
インターネットはビジネス、芸能、マスメディア、ひいては恋愛に至るまで必要不可欠なツールと化した

その中での最近のSNSブームによって
いままで情報をマスメディアから受信することしかできなかったのが
自分達が情報を発信する側にシフトしてきている


このブログもそうだし
mixiの日記やSkypeの通話なんかもそれにあたるだろう
情報社会の次のステップ




というように最も表層化しているのが個人情報による問題
違法ダウンロードの問題、情報商材の問題、ペニーオークション、激安オークションなどの違法的サイトの問題

そして情報社会ならではの問題として
炎上問題があります

今までの情報社会化してない社会では情報の発信源は新聞や雑誌、
テレビやラジオなどの情報の一方通行的な情報源ばかりでした

なのでテレビを雑誌が批判したり、ラジオをテレビが批判したりというような
爆弾発言をするもの一方通行なら
その発言に対して批判的な事を書くのもまた一方通行でした
それに比べて、情報社会、インターネット内での発言は常に多方向的であり
自身の発言に対していろいろな方面からの反応があります。

これがメリットでもあり恐ろしい問題でもあるわけです。
今までの匿名的インターネットでは、ある意味局地的な討論しか行われておらず
現実社会までその影響をおよぼすことはありませんでした

しかし、今の情報社会では一部名声化した情報社会も存在し、
現実社会にまで批判の火の子が飛んでくるようになりました。
ツィッターやフェイスブックなどのSNSはもうほぼ名声化したインターネットと言って過言じゃないでしょう

名声化した情報社会で忘れてはいけないことは
名声化によって得られる信用は、自身の社会的地位を盾にしているからこそ成り立つ
ということです。

確かに発言に信憑性を獲得できますが、その反面責任も負わなければならないということです。

もし、今回のアディダス事件が匿名による書き込みだったら?

こんなに大きな騒ぎにはたしてなったでしょうか?
まぁならないでしょう。
今回のアディダス事件のポイントは

ツィッターによる書き込み
批判対象が有名人
批判の内容
2chの反応
マスコミの反応

でしょうかね
近年ツィッターによる一般人の炎上問題が起こり始めています。
しかし、今回ほどマスコミが反応したのは久しぶりじゃないですかね(´・ω・`)

なぜここまで犯罪者のように扱われる必要があるのか僕には理解できない、
知恵袋カンニング問題並に叩かれていますね。

名声化によって得られる信用は、自身の社会的地位を盾にしているからこそ成り立つ
という事はその盾が壊れた時に被害を被るのは現実社会の自身の地位である事を認識しなければならない。
でなければつい無責任な発言をしてしまい。自身の社会的地位が崩壊してしまうかも知れない。


それが名声的情報社会のリスクだ

どうしてここまでマスコミが過剰反応をするのか何となく分かりますが、
今日はここまでということにしまょう。
それについては知恵袋カンニング問題を考えながら述べたいのでまた次回。
関連記事

[タグ未指定]
[ 2011/05/20 21:03 ] 社会 | TB(0) | CM(3)
世界、社会、芸能界、いろんなことを分かりやすく教えてくれる池上さんみたい!
[ 2011/05/21 13:15 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 世界、社会、芸能界、いろんなことを分かりやすく教えてくれる池上さんみたい!
池上先生よりは主観的な意見が多い気がするんだけど・・・
[ 2011/05/21 22:10 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/10/19 16:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

NOCH

Author:NOCH
いったいどこからこんなところに来てしまったのか知らないが楽しんでいってください。
スカイプIDはyebisu20です、このブログを見て僕と話したいとか何か相談などありましたら気軽に凸してください。
ただしスカイプID送信時にはちゃんとしたコメントがないと拒否させていただく場合があります、ご了承ください。

RSS登録マシーン
毎日できるだけ質の高い記事を更新していきたいと思いますので、もう出会うこともないよりは暇つぶし程度にお気に入り等に設定して僕と一緒にこのブログを楽しみませんか?
現在の戦闘力
最近のコメント
データ取得中...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。