FC2ブログ

No Money In Philosophy

_あなたの哲学を壊す_ 僕の哲学であなたの哲学をぶち壊して再構築するブログ。これはある意味で危険な行為であるが人生の中で最も大事な事の一つだと思う、なぜならそれが成長だから。これが最初のBreak your philosophy and reconstruction。あなたが僕の哲学をぶち壊してくれれば僕はまた一つ成長できるだろう、Please break my philosophy!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

天国も死後の世界もない

天国も死後の世界もない」、英物理学者ホーキング氏が断言

ロイター 5月17日(火)11時20分配信

「天国も死後の世界もない」、英物理学者ホーキング氏が断言
拡大写真
 5月16日、「車椅子の物理学者」として知られる英国の物理学者スティーブン・ホーキング博士が、英紙ガーディアンのインタビューで、「天国も死後の世界もない」と語った。カナダで昨年6月撮影(2011年 ロイター/Sheryl Nadler)
 [ロンドン 16日 ロイター] 「車椅子の物理学者」として知られる英国の物理学者スティーブン・ホーキング博士(69)は、天国とは闇を恐れる人のおとぎ話にすぎないとし、死後の世界があるとの考えを否定した。16日付の英紙ガーディアンに掲載されたインタビューで述べた。

宇宙の創造に神は必要ない=ホーキング博士

 ホーキング博士は「(人間の)脳について、部品が壊れた際に機能を止めるコンピューターと見なしている」とし、「壊れたコンピューターにとって天国も死後の世界もない。それらは闇を恐れる人のおとぎ話だ」と述べた。

 博士は21歳の時に筋萎縮性側索硬化症(ALS)という進行性の神経疾患と診断され、余命数年とされた。「自分は過去49年間にわたって若くして死ぬという可能性と共生してきた。死を恐れてはいないが、死に急いでもいない。まだまだやりたいことがある」と語った。

 また、人々はどのように生きるべきかとの問いに対し「自らの行動の価値を最大化するため努力すべき」と答えた。

 1988年の著書「ホーキング、宇宙を語る」で世界中に広く知らるようになった博士は、2010年の著書「The Grand Design(原題)」では宇宙の創造に神の力は必要ないとの主張を展開し、宗教界から批判を浴びている。

ソース元
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110517-00000362-reu-int



スティーブン・ホーキング博士はALSという病気に侵されながらも御歳69歳
宇宙物理学などの世界的権威でホーキング宇宙を語るという著書は全世界1100万部発行された世界的ベストセラーです。

この世界的に有名で発言力のあるホーキング氏の「神も死後の世界もない」発言に対して世界中から様々な反応が巻き起こっています。






昔から神の有無に関しては世界中で討論が繰り広げられてきましたが
僕はどちらかというと「神はいない」派の人間です

確かに世の中の出来事は数学や科学だけでは納得できないような事ばかり巻き起こっているような気もしますが。
その反面で今まで分からなかった事を研究してみると案外大したこともなかったなんて話は良くあることです。

僕もこのブログをやっていると神にすがりたくなる時があります
どういう意味かというと

何かの事情を説明しきれない時に
これこそ神のみぞ知るやそれこそ神に祈るしかない
といったような神を利用した事情の表現を使いたくなる時があります

意外と現実でも皆さん使ってしまいがちなのではないでしょうか(´・ω・`)

僕は神は人類の諦めだと思ってます
どんなに賢い教授でも神に頼ってしまっているひとは沢山います

僕はまだ人生経験が浅いので
神の存在を信じたくなるような事情が起こったことがありません

僕の人生を導いてくれるのは
両親、家族、友人、恋人、先生、社会、学校、情報、自然、地球、宇宙であり
それこそが僕の神であって
これらの存在を神が作ったとは思わない

確かに誰が作ったかと問いたいほど意志のようなものを世界の事情に感じるときはたまにある
それは社会の出来事はある種の生命であり
社会という不特定多数の意志の塊と自然の事情は
流れや意志のようなものを持った特定個数の意志のようなものを生み出すことがあると認識している


哲学的な考えになるが
世界は生きており、この意志のようなものを神と呼んでも差支えは無い

ただ一つ言えるのは世界のだれしもに救いを与えるような都合のいい神は存在せず
死後の世界は無であるとも有であるともいい難い

ホーキング博士の「自らの行動の価値を最大化するため努力すべき」
という言葉は

自らの価値を最大にすることこそ自身の神に対する最大の奉仕であると言ってるように僕は思う
病気と闘いながら49年の人生を生きてきた何とも彼らしい言葉ではないか
関連記事

[タグ] 気が狂い気味
[ 2011/05/18 09:08 ] 社会 | TB(0) | CM(1)
つまり、めんまの可愛さは神ってことだね!
[ 2011/05/18 15:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

NOCH

Author:NOCH
いったいどこからこんなところに来てしまったのか知らないが楽しんでいってください。
スカイプIDはyebisu20です、このブログを見て僕と話したいとか何か相談などありましたら気軽に凸してください。
ただしスカイプID送信時にはちゃんとしたコメントがないと拒否させていただく場合があります、ご了承ください。

RSS登録マシーン
毎日できるだけ質の高い記事を更新していきたいと思いますので、もう出会うこともないよりは暇つぶし程度にお気に入り等に設定して僕と一緒にこのブログを楽しみませんか?
現在の戦闘力
最近のコメント
データ取得中...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。